売却まで全部お任せプランの詳しいご紹介

相続した不動産の売却まで全部お任せプラン」の料金についてご紹介します。

 

料金はとってもシンプル

当事務所の報酬、司法書士への代金はとてもシンプルで、不動産の売買代金の1%です。

ただし、最低料金を20万円とさせて頂きます。つまり、不動産の売買代金が2千万円以下の場合はすべて料金が20万円、ということです。

例:預金0円、不動産の売買代金1千万円の場合 → 20万円

例:預金1億円、不動産の売買代金1千万円の場合 → 20万円

例:預金0円、不動産の売買代金3千万円の場合 → 30万円

となります。

 

不動産会社に仲介手数料が必要です

当事務所への報酬以外に、不動産会社への仲介手数料が必要となります。宅地建物取引業法で決められている上限額は以下の通りです。

売買価格 仲介手数料
200万円以下 売買価格の5% + 消費税
200万円を超えて400万円以下 売買価格の4% + 2万円 + 消費税
400万円超 売買価格の3% + 6万円 + 消費税

多くの場合、この仲介手数料の上限を請求されることが多いと思います。ただ、当事務所にご依頼いただく場合、提携先の不動産会社(いちりん開発合同会社)のご好意により、売買代金400万円を超える不動産の仲介手数料を、売買価格の2%+6万円+消費税として頂けます。

仮に、相続した不動産を2千万円で売買したときの費用のイメージです

一般的 当事務所
相続の書類作成費用 20万円 20万円(2千万円の1%)
相続の登記変更費用 5万円 上記に含む
不動産仲介手数料 66万円(2千万円の3%+6万円) 46万円(2千万円の2%+6万円)
合計(税抜) 91万円 66万円
合計(税込) 100万1千円 72万6千円

モデルケースと比べて、費用が27万5千円安くなります。

つまり、不動産の売買代金2千万円以上の場合、司法書士への実質的な負担はありません

※不動産会社への仲介手数料を上限額まで払う場合と比較した場合です

このため、不動産価格が高い場合に、よりお得になります

 

一般的な司法書士報酬は高額過ぎです

例えば札幌市の複数の司法書士事務所様の場合、遺産総額が1億円を超え3億円以下の場合、総額の0.7%+59万円(税別)となっています。全国的にこの料金設定は多いです。

もし1億1円の場合、759万円(税別)となります。あまりに高額ですよね。その点、当事務所はすべて不動産売買代金だとしても100万円(税別)です。半分が預金の場合は50万円(税別)です。

誤解を恐れずに言えば、預金1億円を解約する手続きも、1千万円を解約する手続きも、それほど労力に違いはありません。もちろん、銀行での手続きに時間がかかる、確認が念入りになる、などの違いはあります。ただ、それでも数百万円分の報酬の違いはないと感じます。

 

2千万円の家で仮定します

実際のケースで費用の比較をします。預金がゼロ、不動産価値が2千万円と仮定します。すべて税別です。旧司法書士報酬規定によれば、相続財産が500万円を超え5000万円以下の場合の司法書士報酬は(価額の1.2%+19万円)+消費税です。

つまり、司法書士への費用が12万円+19万円=31万円 かかります。

また不動産会社への報酬が2000万円×3%+6万円=66万円 かかります。

合計97万円(税別)ということです。ちなみにこの料金には、不動産売却の代行サービスは含まれていません。

当事務所の場合、司法書士報酬が20万円、不動産会社への仲介手数料が2000万円×+6万円=46万円で、合計66万円となります。

つまり、司法書士への費用31万円(税別)がまるまるお得になります。その上、不動産売却の代行サービスも含まれます。

 

ちなみに約1億円の不動産で計算した場合、こうなります

他事務所 当事務所
司法書士報酬 759万円 100万円
仲介手数料 300万円 200万円
合計 1059万円 300万円

もうお分かりだと思いますが、司法書士報酬分の759万円がまるまるお得になります

このため、財産が多いほど当事務所へご依頼いただくとお得だと思います。

 

どうして安くできるの?

「他の司法書士事務所に比べて、どうしてそんなに安いんですか?」と聞かれることがあります。

当事務所は大手の事務所様のように、札幌駅や大通駅に大きなオフィスを構えていたり、事務員や受付を何人も雇っていたり、CMやチラシを出したり、プロに頼んで素晴らしいホームページを作ったり…ということは一切、していません。中島公園駅近くの小さなオフィスで、司法書士ひとりで営業しています。ホームページも自作です。このため、月に「相続した不動産の売却まで全部お任せプラン」が2件もご依頼頂けたら十分にオフィスの家賃も払って生活できるのです。

 

安すぎて怪しい…?

「他の司法書士事務所に比べて、こんなに安いなんて怪しいですよね…」と言われたこともあります。

そんなことありません! 実は、東京ではこうしたサービスを行っている司法書士事務所様は珍しくないのです。興味がある方は「相続登記から不動産売却まで一括してサポートします」で検索してみてください。

司法書士事務所が不動産会社を経営している場合など、ほぼ仲介手数料分(売買代金の3%)だけで遺産相続業務から不動産の売却まで行ってくれるそうです。

 

料金のほとんどは30万円未満です

実際に当事務所にご依頼いただくことの多い財産、料金をご紹介します。

ほとんどの場合、不動産は故人のマイホームだけです。札幌市であれば売却した場合に500万円から2500万円になることが多いです。これに加えて預金や現金などがあります。

このため、当事務所への費用の半数以上が最低料金の20万円、残り3割が30万円以内です。ちなみに上で例示したように、1億円分の不動産がある依頼などは過去にありません…。

 

ただ、実費は別です…

可能な限りシンプルな料金体系にしたいのですが、どうしても実費や税金に関しては別料金となってしまいます。極力、ご依頼いただく前に実費等について詳しくご紹介しています。

役所や法務局に払う手数料

実費として、戸籍や登記簿を取得するために役所や法務局に支払う手数料、送料がかかります。通常、1万円から3万円程度です

登録免許税、譲渡取得税

登録免許税や譲渡取得税という税金がかかることがあります。絶対にかかる、というわけではありません。ただ特例について書くと難しくなってしまうので、ここでは割愛します。基本的にはどこに依頼してもかかってしまうお金です。

出張費・日当

当事務所に来て頂く場合には関係ないのですが、札幌市外の自宅に来て欲しい、という場合には交通費を頂戴します。公共交通機関や最寄り駅からのタクシー代で計算します。事前に必ず承諾を得ます。また、そうした場合に日当として半日であれば○万円、1日であれば○万円を頂戴します。

ただ、基本的には電話やメール、郵送などを利用しますので、よほど特別な事情がない限りは出張での対応はありません。

 

明瞭会計にこだわっています

それでも、他の事務所様のように

・相続人が増えるごとに料金加算

・銀行が増えるごとに料金加算

・不動産が増えるごとに料金加算

などは一切、行っていません

専門家への依頼は、料金が不明瞭で怖い、という方がたくさんいらっしゃいます。当事務所では可能な限り、シンプルな料金を明示しております。実際に相談してみたら驚くような料金を請求された、ということはありません。

 

ご依頼の条件

ご依頼に際し、3つだけ条件があります。

1,相続人全員の承諾が必要です

ご依頼される場合、相続人全員が不動産を売却して遺産分割することに反対していない、ということが必要です。当事務所は弁護士事務所と違って、交渉などはできません。基本的には所有者の誰か1人でも反対していると不動産は売却できません。

2,相続人全員と連絡が取れることが必要です

これは上記にも関係しますが、相続人の誰かと連絡が取れない場合にはご依頼いただけません。

3,事情によってご依頼いただけない可能性があります

例えば海外に故人の証券口座や銀行口座がある、対象不動産に占有者がいる、相続人が会話できない状態など、当事務所では対応が難しい場合、お断りする可能性があります。その他、当事務所が多忙の場合、お断りするかもしれません。(いまのところ、忙しくてお断りしたことはないです)

当事務所の都合によりご依頼いただけない可能性があることだけご了承ください。

 

その他の業務について

当事務所では相続登記、相続放棄、遺産分割協議書の作成のみ、成年後見人業務なども行っています。ただ、色々と書くと分かりにくくなるため、このサイトでは「相続した不動産の売却お任せプラン」についてのみ記載しております。その他のプランについては「こちらのサイト」をご参照くださいね。

タイトルとURLをコピーしました