相続したい売れない田舎の土地を処分した方法

父親から相続した見たこともない田舎の土地。ずっと無駄な固定資産税を払い続けるだけなので、タダ同然の値段でもいいから処分したいと…と思ってから、実際に手放すまでの実際のお話。

※実際にお客様であったケースをアレンジして書きます。承諾は得ています。

 

原野商法で買った土地に毎年3万円の税金が

お金に余裕があった父親が亡くなったとき、それなりの預金と自宅の土地と家、そして見たこともない複数の土地が遺産の対象となりました。私を含めた子供たちは預金で相続しました。自宅の土地と家は存命で住んでいた母親が相続しました。売れる土地は売りに出して、現金を母親が相続しました。ただ、一部の土地は価値がないようで売りに出すこともできず、とりあえず母親が相続して、名義を母親にしました。その土地は父親が何十年も前に買った土地で、地目は原野になっていました。母親も子供たちも見たことがない土地でした。複数あったのですが、合計で毎年3万円の固定資産税を払っていました。

売ろうと思っても断られた

その数年後、母親がなくなり、いよいよその土地の処分が問題になりました。兄弟姉妹は誰もそんな土地を欲しがりません。みんな現金だけを希望しました。仕方なく、第1子で北海道に住んでいた私が相続することになりました。そのときはどうにかなると思っていました。遺産分割や1周忌が終わり、落ち着いたところでその土地を処分することにしました。毎年3万円の固定資産税を払うのがバカらしいためです。まず地元の不動産屋さんに相談しました。やはりほとんど価値がないこと、売買の仲介を頼んでも利益にならないことから断られてしまいました。

どんな土地でもご相談くださいにも断られた

そんなとき、テレビで田舎の土地、売れない土地もご相談くださいというCMをみて、連絡してみることにしました。とりあえず登記簿などを持ってお越しくださいということで札幌の会社に行くことになりました。会って話を聞いてみると、太陽光発電用の土地を探しているそうで、土地の広さ、日当たり、道路からの距離を聞かれました。相続した土地は残念ながら山のふもとにあり、あまり日当たりが良くないようで太陽光発電には向かないということでした。残念ながら買い取ってもらえませんでした。

市に寄付をお願いしても断られた

その会社に、売れない土地、太陽光発電もできない土地をどう処分できるか聞いたところ、その市町村に寄付できる可能性があると言われました。そこで、車で5時間かけて、その土地がある市の役場に行きました。しかし、寄付を申し出ても断られてしまいました。市の税収が減るからだそうです。売れもしない、市も必要としていない土地なのに固定資産税だけ取られるなんておかしいと言いましたが、役所に言われても困りますと言われただけでした…。

インターネットで売りに出して連絡がきた

どうするか困り、息子に相談しました。息子はインターネットで色々と調べてくれて、同じように売れもしない、寄付もできない、ただ無駄に固定資産税を払っていて悩んでいる人が珍しくないというようなサイトを紹介してくれました。そして、タダでもいいなら、インターネットのフリーマーケットに出してみよう、ということになりました。いまは土地や家などの不動産もインターネットで売れる時代のようです。固定資産評価額としては100万円を超える土地です。無料なら欲しいという方からたくさん連絡が来ました。30万円で売って欲しいという連絡もありました。特に前向きな方は、ご自身で市役所に行ってこの土地について詳しく調べたそうです。この方は不動産業者さんでかなり詳しいようでした。公図を見たそうです。

測量に100万円以上かかると言われた

結論としては、買うことはできないということでした。

『この土地(○市○町○丁目125番)は、125番の中に地番が40ほどに分かれていました。125番1から125番40くらいまであるということです。125番の所有者は他にも複数いるようです。そして、1地番ごとの線引が行われていません。敷地境界線が未確定ということです。つまり、このエリアの中で、ご自身の土地がどこか分からないということです。これは国土利用調査が行われていないためだと思います。この土地を利用するとなると、測量して、他の地権者と共に自分の土地がどこかを明確にしなければなりません。そのための費用は120万円くらいかかると思います。測量するにしても40筆以上ある各筆の所有者を調べ上げ、その方たちの同意書をいただくか、所有者不明の認定をしていただけないと、ご自身の土地がどこに位置しているのか判断できないという状態です。詳しくは○市の地籍課(土木課など)にご相談されることをオススメします』

と丁寧に教えて頂きました。私は素人なので難しいことは分かりませんが、とにかく測量しないと売れないということが分かりました…。

結果的に、無料で譲渡できた

そんな大変な土地をどう処分したらいいのだろう…と途方に暮れてしまいました。その後、同じサイトで事情を詳しく書き、それでも欲しい方には無料で差し上げますと投稿しました。すると、地元の方から、それでもいいから譲って欲しいと連絡がありました。その方は測量するわけではなく、他の地権者と交渉してすべてを買い取ってから利用する、ということでした。確かに地元の方であれば、そういう方法もあるのだと思いました。その方に司法書士費用など諸経費はすべて負担して貰い、こちらの費用負担はなしで処分することが出来ました。土地の購入代金やこれまで払い続けた固定資産税はすべて損になりましたが、これからは固定資産税を払わなくていいと思うと、とてもスッキリしました。そしてなにより、自分が亡くなったときに子供たちに同じような面倒や負担をかけなくて済むということが嬉しいです。

 


 

タダでも売れない土地は珍しくない

このケースではどうにか処分できましたが、財産ながら土地が処分できずに困っているケースは珍しくありません。測量が必要なケースだけではなく、所有者が複数いて連絡が取れない、承諾が得られないということもあります。

当事務所では不動産屋さんでも断られた土地の処分に関する相談も応じています。どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

原野商法の2次被害にご注意

原野商法の土地の話を書きました。実は近年、原野商法の二次被害が問題になっています。例のように、原野商法で買った土地を売ることもできず、処分することもできず困っている方います。そうした人のもとに、詐欺師から「あなたの土地を高く買い取ります」と連絡がきます。それに応じると調査費用や整地費用の名目でお金を払わされます。それが詐欺です。違う土地の購入の契約書にサインされられるケースもあります。詳しくは国民生活センターの情報などをご確認ください。

不要な土地の売却であっても、安易に対応せず、必ず信頼できる専門家や機関に相談するようにしてください

不動産の放棄は将来的に可能かもしれない

2018年6月1日のニュースで、政府が土地の放棄に関する制度を検討していることが報じられました。将来的には、ただ固定資産税を払っているだけの売れない土地を手放せるかもしれません。詳しくはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました