相続の相談を札幌の司法書士にするメリット

相続って誰に相談したらいいの?

司法書士佐藤

不動産があるなら司法書士がオススメですよ!

相続の相談は司法書士以外にも税理士、弁護士、行政書士などさまざまな専門家で扱っています。どんなときに、どの専門家に相談すべきかご紹介します。※あくまで私見です

結論としては不動産(土地や家)があって、費用を抑えて円満に解決したい場合は司法書士がオススメです。

 

税理士さんに依頼するメリットは?

相続と言えば相続税、税金と言えば税理士さんですよね。相続税を納める必要がある場合には税理士さんに相談した方が良いでしょう。

ただ、平成29年分の相続税申告状況の概要(平成30年12月国税庁)によれば、相続全体のうち、相続税を納める必要があったのはたったの8.3%だそうです。これは平成25年度に税制改正があり、平成27年から相続税を納める必要があるケースが増えたあとの数字です。また、税理士さんに相談したとしても、結局、土地の登記変更などは司法書士に依頼することになると思いますので、どちらにしても不動産がある場合は司法書士にもご相談されると良いと思います。※自分で登記変更をする、税理士さんが司法書士登録もしている(ダブルライセンス)などの場合は不要かもしれません。

 

行政書士さんに依頼するメリットは?

行政書士さんは遺言書や遺産分割協議書など書類作成の専門家です。ただやはり、登記変更はできません。このため不動産があって、書類作成を行政書士さんに依頼する場合、司法書士にも依頼することになると思います。例外は先ほどと同じです。行政書士さんのホームページを見ても、不動産がある場合は司法書士を紹介しますと書かれていることがほとんどです。

不動産がない場合は行政書士さんに依頼することがオススメです。ただ不動産がある場合には、最初から司法書士に依頼された方が安く、スムーズかと思います。

 

弁護士さんに依頼するメリットは?

相続人で争いがある場合、弁護士さんに相談、依頼することをオススメします。例外もありますが、基本的に高額な争いは弁護士さんしか扱えません。当事務所では円満な相続の場合にしかご依頼いただけません。

ただやはり、弁護士さんに依頼すると他に比べて費用が高額になると思います。また、現実的には弁護士さんが登記手続きをすることはほとんどありませんので、不動産がある場合には提携の司法書士などを紹介されることが多いでしょう。

その他、事業承継や法人の清算など難しい案件の場合も弁護士さんがオススメです。

 

銀行に相談する?

地方銀行や信用金庫などでも遺産整理業務、相続手続きトータルサービスというものをやっています。やはり特徴としては、費用が高額です。北海道の大手地方銀行の場合、最低費用が52万円となっています。法律、税務の専門的アドバイスを希望する場合は別途費用がかかるとも書かれています。確かに、預金がその銀行にあったり、銀行員と顔見知りで話しやすいなどあるかもしれません。ただ費用面だけで考えるとかなり割高かもしれません。

 

司法書士に依頼するメリットは?

司法書士に依頼するメリットは、遺産分割協議書から登記まで行えるという点です。弁護士さんと違って裁判をしたり、税理士さんと違って相続税のアドバイスはできません。ただ、不動産がある円満な相続のほとんどで、司法書士が最初から最後までお役に立てると思います。

また、ほとんどの司法書士事務所であれば、書類を作って、登記して終わりです。当事務所であれば、そこからさらに、不動産の売却までサポートしています。

 

まとめ

相続の相談は、不動産の売却まで考えているなら司法書士佐藤晋平事務所がオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました